人生が変わる魔法の言葉

子どもに対して
家族に対して
そして
職場で一緒に働く人に対しても

相手にかける言葉で
その印象や相手のやる気は違ってきます。

あんな事言わなければよかった 😥
あの時どう言ったら良かったのか?

私たちはちょくちょく
自分が発してしまった言葉に
後悔や反省をします。

もっと相手のことを思いやって
考え抜かれた
言葉選びができたら
自分も相手も気持ちよく過ごす事ができます。

子育てにおいても
『魔法の言葉』を親に
かけられ続けた子どもたちは

お友達に対して
大きくなってからの人間関係でも
円滑にするテクニックを
自然と身につけていくわけです。

・自分の言葉がきつい
・ついつい、相手に辛く当たってしまう
・他人にプレッシャーを与えがち
・もっと人間関係を円滑にしたい

そんな人にぴったりの
優しい絵本感覚の心理学書の紹介です。

自分が子育てしているときは
どうだったかな?

そんなことを思い出しながら
反省しつつの読書をしました。 😉

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です